2007年1月 2日 (火)

順大が2年連続往路制す


 東京箱根間往復大学駅伝の往路で2年連続優勝し、ガッツポーズする順大5区の今井正人=神奈川県箱根町

 新春恒例の第83回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの往路5区間、108・0キロで関東の19校と関東学連選抜の計20チームが争い、順大が5時間33分13秒で2年連続8度目の往路優勝を果たした。
 東海大が1分42秒差の2位で、トップに3分20秒差の3位は日体大。全日本大学駅伝優勝の駒大は7位。亜大は順大に7分16秒遅れの13位で、総合2連覇は厳しくなった。<デイリーより>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

開店から集客までをサポートする!ネットショップ開業サービス【 OneStyle My Shop 】

|

2006年12月15日 (金)

大リーガー松坂誕生


 レッドソックスの入団会見で、ユニホームを手に笑顔の松坂大輔投手。左はエプスタインGM=14日、ボストンのフェンウェイ・パーク(AP=共同)

 米大リーグ、レッドソックスは14日、ポスティングシステム(入札制度)で独占交渉権を獲得していた西武の松坂大輔投手(26)との入団交渉がまとまり、6年契約を結んだと発表した。<デイリーより>

ついに大リーガー松坂の誕生だ。
ポスティングシステムを使わなければ、松坂本人の年棒はもっと高いものであろう。
しかし、本人はお金ではなく「夢」であるメジャーでプレーすることを選んだ。
活躍することを祈る。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

JTB旅行情報

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月26日 (木)

日ハム・3連勝で王手


 5回、マウンドでヒルマン監督(右)に声を掛けられる日本ハム先発の金村=札幌ドーム

 44年ぶりの日本一まであと1勝。2006年のプロ野球日本シリーズは25日、札幌ドームで第4戦が行われ、日本ハムが3-0で中日に勝ち、3連勝で東映時代の1962年以来となる日本一にあと1勝とした。<デイリーより>

ホームでファンの声援で勢いに乗った日ハム 。
アウェーでちぐはぐな攻撃を繰り返す中日。
日ハムに大きなミスが出ない限りこの流れは止まらないように見える。
今日で決着か・・・?

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006年10月12日 (木)

オシムJAPAN インドに快勝


 日本-インド 後半、ゴールを決める中村憲=バンガロール(共同)

 サッカーのアジア・カップ予選A組は11日、インドのバンガロールのスリカンテラワ競技場で行われ、日本は初先発の播戸(G大阪)の2得点などでインドに3-0で快勝した。
 既に本大会出場を決めている日本は4勝1敗。両チームの通算対戦成績は日本の9勝3敗となった。
 日本は前半23分に三都主の左クロスを播戸が押し込み先制。同44分には三都主の低い折り返しを播戸が頭で決めた。後半37分には中村憲(川崎)が豪快なミドルシュートを突き刺した。<デイリーより>

アクシデントのオンパレード・・・
2度の停電、犬の乱入・・・
停電は過去インドに限らず見たことはあるが・・・・
犬の乱入は知らない。驚いた。
犬に噛まれることが無く良かった。
噛まれて狂犬病になったなんて冗談にもならない。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (22)

2006年9月30日 (土)

阪神9連勝!とうとうゲーム差2

阪神4-0中日

 阪神が6年ぶりの9連勝。二回に矢野の適時打で先制。七回二死満塁で代打今岡の二塁打で3点を加えて突き放した。下柳は6回4安打無失点で12勝目。以降は継投で封じた。中日は川上が打たれ、打線も好機であと1本が出なかった。<デイリーより>


 7回阪神2死満塁、代打今岡が走者一掃の二塁打を放ち、大喜びのベンチを背に一塁を回る=甲子園

終盤にきて、セリーグのペナントが面白くなってきた。
中日がすんなりと優勝かと思いきや、モタモタしているうちに岡田・阪神が9連勝によって2差になった。
ミラクルが起きる可能性が十分に出てきた。
そのためにも今日・明日と阪神が中日に連勝してほしい。
そうすれば勢いからも阪神のVの可能性が高くなり、最終戦頃までズ~ッと盛り上がっていく。
日本シリーズも新庄と阪神の闘いとなり、話題性も高くなる。

違いがスグ分かります。『価格.com』で外貨預金を徹底比較!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月29日 (金)

亀田興毅:初防衛戦は厳戒警備

 兄も厳戒!! 試合後に観客同士による乱闘騒ぎが起きた「亀田3兄弟」の二男・大毅(17)=協栄=のプロ6戦目(後楽園ホール)から一夜明けた28日、協栄ジム・金平桂一郎会長(40)が試合を管轄したJBC(日本ボクシングコミッション)に謝罪、事情説明を行った。JBCでは「セキュリティーの強化は当然」と、10月18日に有明コロシアムで行う長男・興毅(19)のWBA世界Lフライ級王座初防衛戦での警備増強をはかる。<サンスポより>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年9月28日 (木)

亀田大が際どく判定勝ち

 ボクシング界のホープとして知られる「亀田3兄弟」の二男、亀田大毅(協栄)は27日、東京・後楽園ホールで世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級21位のバレリオ・サンチェス(メキシコ)と8回戦を行い、2-0の微妙な判定で勝った。亀田大はプロデビュー以来6戦全勝(4KO)。

 4回までは17歳の亀田大が得意の左フックを中心に打撃戦で優位に立った。しかし、5回以降は36歳のサンチェスに手数で圧倒されるなど劣勢に陥る場面もあった。<デイリーより>

場外で乱闘騒ぎが起きた。判定で微妙だったということもあるが、情けないとしか言いようがない。親父も親父だ。ファンの野次にいちいち反応していたらキリがないだろう。もっと大人になれといいたい。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

女性率80%のサイトだけを集めた
ランキングサイト【であいランク】

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006年9月 7日 (木)

日本、イエメンに辛勝


日本-イエメン 試合終了間際、決勝ゴールを決める我那覇

 サッカーのアジア・カップ予選でA組の日本代表は6日、サヌアでイエメン代表と対戦し、1-0で辛勝した。日本は優位に試合を進めながら好機でシュートミスが目立った。でこぼこの多いピッチや高地で薄い空気など、慣れない環境にも苦しんだ。しかし試合終了直前、我那覇(川崎)が倒れ込みながら右足シュートを決めた。<デイリーより>

ようやっと勝った試合である。
決定的なチャンスはありながら、ゴ~ルを決められない決定力不足というかハートの問題なのか?
見ていてイライラしてしまう。
なぜ決定的チャンスに決められないのか?・・・・

ランキング参加中 ブログランキングranQ

デコ電を超えた光り輝くカスタム携帯電話!カスタム代行受付中

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2006年8月22日 (火)

駒大苫小牧3―4早実

斎藤完投!早実が悲願の初V

駒大苫小牧を下し初優勝し、ガッツポーズの早実・斎藤。捕手白川=21日午後、甲子園球場
駒大苫小牧を下し初優勝し、ガッツポーズの早実・斎藤。捕手白川=21日午後、甲子園球場
 第88回全国高校野球選手権大会最終日は21日、兵庫県西宮市の甲子園球場で前日に延長十五回引き分けとなった駒大苫小牧(南北海道)―早実(西東京)の決勝の再試合を行い、早実が4―3で勝ち、第1回大会以来、通算27度目の出場で悲願の初優勝を果たした。駒大苫小牧は1931―33年の中京商(現中京大中京=愛知)以来、73年ぶり史上2校目の大会3連覇はならなかった。<デイリーより>

斎藤の4連投はすごかった。
体力・気力、申し分ないものであった。
これから十分休養を取って、進学するかプロにいくかわからないが、故障などせずに頑張ってほしい。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

時給1,100円以上のバイト!

| | コメント (1) | トラックバック (18)

2006年8月10日 (木)

オシム日本好発進!初陣飾る

日本―トリニダード・トバゴ 前半、2点目のゴールを決める三都主=国立競技場
日本―トリニダード・トバゴ 前半、2点目のゴールを決める三都主=国立競技場

 イビチャ・オシム新監督を迎えた日本代表が9日、東京・国立競技場での国際親善試合、キリン・チャレンジカップでトリニダード・トバゴと対戦し、2―0で快勝した。「オシム・ジャパン」は初戦を飾り、2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に向けて好スタートを切った。

 1次リーグで敗退したW杯ドイツ大会から約1カ月。クラブの事情で一部の選手を招集できない中、日本は代表初選出の5選手を先発起用するなどフレッシュな布陣で臨んだ。前半に三都主が2得点してリードを奪うと、後半は相手の反撃をしのいで逃げ切った。<デイリーより>

三都主のすばらしいゴ~ルを見た。今後に期待

ランキング参加中 ブログランキングranQ



SNSは安心で選ぶ時代へ!あなたが作るコミュニティGrouptube(グループチューブ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

スポーツ | 政治 | 時事問題 | 株取引 | 社会問題