« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月21日 (水)

米国株、続伸

 20日の米株式相場は続伸。ダウ工業株30種平均は前日比61ドル93セント高の1万2288ドル10セントで、ナスダック総合株価指数は同13.80ポイント高の2408.21で終えた。市場予想を上回る住宅指標などが相場を支えたが、21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前に様子見気分も強かった。<日経新聞より>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

|

2007年3月10日 (土)

米国株、ダウ平均15ドル高

 9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅続伸。前日比15ドル62セント高の1万2276ドル32セントで終えた。雇用統計が底堅い内容となり買いが入った。一方、インフレ懸念が相場の重しになった。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は小反落。同0.18ポイント安の2387.55で終えた。<日経新聞より>

為替も前日比1円15銭円安・ドル高の1ドル=118円25―35銭で取引を終えた。
輸出関連を中心に週明けは堅調に推移するか・・・?
とりあえず株価は安定するだろう。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

|

2007年3月 5日 (月)

東証大引け・大幅続落

 5日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に5日続落した。終値は前週末比575円68銭(3.34%)安の1万6642円25銭で、昨年6月13日の614円安以来の大きな下落幅を記録した。5日間の下落幅は合計で1573円、下落率は8.6%となった。前週末の米株式相場の下落や外国為替市場で円相場が上昇したことが嫌気された。後場からはアジア市場の主要な株価指数下落を警戒する声が強まった。東証株価指数(TOPIX)も大幅続落。終値は前週末比58.88ポイント安の1662.71と、下落幅は2004年5月10日の65.35ポイント安以来の大幅な下げとなった。<日経新聞より>

どこまで下げていくのだろう・・・
27日の下げでは一時的なものと思っていたのだが・・・

楽天ランキング1位獲得!

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »