« 日経平均反発 | トップページ | 米国株反落 »

2006年9月21日 (木)

米国株、ダウ72ドル高

 20日の米株式相場は反発。ダウ工業株30種平均は前日比72ドル28セント高の1万1613ドル19セントと5月10日以来の高値で終えた。ハイテク比率の高いナスダック総合株価指数は同30.52ポイント高の2252.89で終え、5月11日以来の高値を付けた。好調な企業決算を背景に買いが優勢だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)で米連邦準備理事会(FRB)が金利据え置きを決めたが、大方の市場予想通りだったため、反応は限られた。<日経新聞より>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

|

« 日経平均反発 | トップページ | 米国株反落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113774/3521036

この記事へのトラックバック一覧です: 米国株、ダウ72ドル高:

» FOMC声明(9月) [FXテクニカル分析&業者比較Blog]
Release Date: September 20, 2006 For immediate release The Federal Open Market Committee decided today to keep its target for the federal funds rate a... [続きを読む]

受信: 2006年9月21日 (木) 18時58分

« 日経平均反発 | トップページ | 米国株反落 »