« 米国株、4日続伸 | トップページ | 米国株、6日ぶり反落 »

2006年8月21日 (月)

今週の見通し

 今週の株式相場は日経平均株価が1万6000円台を固める展開となるかどうかが焦点になりそうだ。米国の追加利上げ懸念の後退や原油価格下落などで地合いが好転し、市場では先高観が強まっている。先週までの上昇ピッチが速かったため調整する場面も予想されるが、需給環境の改善もあり深押し懸念は小さい。半面、1万6000円台は過去1年間の累積売買代金が多く、戻り待ちや利益確定売りをこなせるかどうかがカギになる。<日経新聞より>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

|

« 米国株、4日続伸 | トップページ | 米国株、6日ぶり反落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113774/3149215

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の見通し:

» sparesor mauritius [sparesor mauritius]
mexiko vacation omflyttning lokal pc spel online ensam kvinna [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 01時20分

« 米国株、4日続伸 | トップページ | 米国株、6日ぶり反落 »