« ゼロ金利解除へ・誘導目標0.25%に | トップページ | 暴力団が上映中止を要請 »

2006年7月14日 (金)

米国株、大幅続落

 13日の米株式相場は2日連続で急落。ダウ工業株30種平均は前日比166ドル89セント安の1万846ドル29セントと、6月14日以来の安値で終えた。ダウ平均の下げ幅が2日連続で100ドルを超えるのは5月12日以来。ナスダック総合株価指数は同36.13ポイント安の2054.11と、昨年10月13日以来の安値で引けた。中東情勢の緊迫や原油高を受け、売りが膨らんだ。<日経新聞より>

今週は方向性が定まらない動きを続けている。
その中海外投資家が2週連続で買い越しをしているという。
この意味はなんだろうか?
日本株が割安感が出てきているということか?
狼狽売りだけは避けたい。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

|

« ゼロ金利解除へ・誘導目標0.25%に | トップページ | 暴力団が上映中止を要請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113774/2647517

この記事へのトラックバック一覧です: 米国株、大幅続落:

« ゼロ金利解除へ・誘導目標0.25%に | トップページ | 暴力団が上映中止を要請 »