« 北朝鮮・ミサイル発射 | トップページ | 王監督、休養 »

2006年7月 6日 (木)

米国株、反落

 5日の米株式相場は反落。ダウ工業株30種平均は休場前の3日終値に比べ76ドル20セント安の1万1151ドル82セントで終えた。ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は同37.09ポイント安の2153.34だった。北朝鮮によるミサイル発射で地政学リスクが意識されたほか、良好な経済指標を受けて米利上げ継続観測が強まったことが売りを誘った。<日経新聞より>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

|

« 北朝鮮・ミサイル発射 | トップページ | 王監督、休養 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113774/2519090

この記事へのトラックバック一覧です: 米国株、反落:

« 北朝鮮・ミサイル発射 | トップページ | 王監督、休養 »