« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

証券、相次ぎシステム増強

 証券会社が相次ぎシステム投資を増やす。個人投資家が増えている一方でシステム障害も多発したため。野村グループや大和証券グループ本社など大手は営業店のIT(情報技術)基盤を強化し、バックアップ体制も整える。ネット証券各社は取引急増に応じて処理能力を高めるほか、私設取引システム(PTS)の投資も拡大する。<日経新聞より>

 これからの証券会社選びは、手数料もそうだが私設取引システムの中身が大きなウェイトを占めるようになるだろう。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月29日 (土)

日銀総裁がダントツのトップ

 政府の行政改革推進本部は28日、特殊法人役職員の平成17年度の給与水準をまとめ、発表した。
 総裁など法人トップへの報酬は年平均2276万4000円。最高額は日銀総裁の3639万8000円で、次いで国際協力銀行総裁が2475万8000円だった。
 一般職員は、事務・技術系職員(40.1歳平均)が 805万7000円、研究職員(41.2歳)が1097万4000円。同じ年齢、職歴の公務員を100とした場合の「ラスパイレス指数」を見てみると、事務・技術系が 128.9、研究職員は 137.0と高い水準だ。<産経新聞より>

 特殊法人役職員給与が公表されたが、やはり印象としては高すぎるというもの。優れた人材かもしれないが、税金から支払われていることを考えると、国民から理解されるものでなければいけない。あるいはその任務ないし特殊法人がどれだけ重要な法人なのかを理解してもらう努力が必要。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

BtoBポータルサイト「フィデリ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国株、大幅反発

 28日の米株式相場は3日ぶりに大幅反発。ダウ工業株30種平均は前日比119ドル27セント高の1万1219ドル70セントと、6日以来ほぼ三週間ぶりの高値で終えた。ハイテク比率の高いナスダック総合株価指数は同39.67ポイント高の2094.14となった。朝方発表された4―6月期の米実質国内総生産(GDP)を受け米利上げ継続観測が後退、幅広い銘柄に買いを誘った。<日経新聞より>

週明けは買い優先で始まりそう。
ただ利益確定売りがどこででるか・・・
1万5500円台に届いて売りに転じるように思う。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

ワクワクするWEBショップ『ワンネス』
色々なコンテンツを随時追加していきます。
是非一度遊びに来てください!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月28日 (金)

ゆうちょ銀の資産は世界最大

4子会社のうち、「ゆうちょ銀行」の総資産は226兆9910億円で三菱UFJフィナンシャル・グループの約187兆円を超えて資産規模で世界最大の金融機関となる。

 収益見通しも08年度の税引き後利益で4280億円を見込むなどメガバンクに匹敵する高収益体質を目指す。「かんぽ生命保険」も08年度に770億円の税引き後利益を想定し、両社は民営化から遅くとも4年以内の2011年までの株式上場を目指す。ただ、今回判明した巨大郵政金融の姿に業務肥大化や民業圧迫といった批判が集まる可能性もありそうだ。<読売より>

 民営化された後、事業が順調にいけば「民営圧迫」となり、うまくいかなければ「金融不安」を起こす恐れが出てきた。どちらにしても日本市場に大きな風波が起きそうだ。株式にも何らかの影響は出てくるだろう。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本株ADR・27日 ソニーが大幅高、NEC、松下も高い

 27日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は同日の日本の株式相場が大幅高となったことを受け、上げる銘柄が多かった。東京市場の取引終了後に発表した2006年4―6月期連結決算(米国会計基準)で、営業損益が黒字に転換したと発表したソニーが6%近く上昇した。NECも高い。同じく2006年4―6月期連結決算(米国会計基準)で営業損益が黒字転換した上、9月中間期の営業利益予想を上方修正したことが好感された。NECは松下と共同で10月に携帯電話端末の開発会社を設立することも発表。松下も上昇した。2006年12月期の連結決算(米国会計基準)純利益見通しを上方修正したキヤノンは1%弱上昇。<日経新聞より>

今日も上げ基調となりそう。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月27日 (木)

高知商が明徳破り9年ぶり甲子園

 第88回全国高校野球選手権大会の地方大会は26日、36大会が行われ、新たに4代表が決定。高知では高知商が明徳義塾に11―6で逆転勝ちし、9年ぶり22度目の夏の甲子園出場を決めた。
27日は山形、群馬、大分で代表校が決まる。<デイリーより>

出場が決まったチームはおめでとう。甲子園に向かって悔いのない調整をしてほしい。
いよいよ地元・群馬でも今日決勝が行われる。
前工になるか、桐一になるのか・・・

ランキング参加中 ブログランキングranQ

光り輝く携帯電話!カスタム専用チップLDE販売中

| | コメント (0) | トラックバック (1)

米国株、3日ぶり小反落

 26日の米株式相場は小幅ながら3営業日ぶりに反落。ダウ工業株30種平均は前日比1ドル20セント安の1万1102ドル51セント、ナスダック総合株価指数は同3.44ポイント安の2070.46で終えた。アマゾン・ドット・コムやボーイングの決算などが失望を誘い、株価の上値を抑えた。<日経新聞より>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

米国株、続伸

 25日の米株式相場は続伸。ダウ工業株30種平均は前日比52ドル66セント高の1万1103ドル71セントで終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同12.06ポイント高の2073.90となった。好決算や原油安を背景に、もみ合いの末、午後に買いが優勢になった。<日経新聞より>

今日の東証も続伸か?
個別銘柄による傾向が強くなっている。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

自由テキスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

駒大苫小牧が4年連続の甲子園

4年連続の甲子園出場を決め、喜び合う駒大苫小牧ナイン=25日午後、札幌円山球場
4年連続の甲子園出場を決め、喜び合う駒大苫小牧ナイン=25日午後、札幌円山球場

 第88回全国高校野球選手権大会の地方大会は25日、雨で全試合が中止となった山形をのぞく38大会が行われ、4年連続で南北海道を制した駒大苫小牧など新たに4代表が決まった。駒大苫小牧は中京商(愛知=現中京大中京)以来、73年ぶり史上2校目の選手権大会3連覇に挑む。

 今春の選抜大会準優勝の清峰(長崎)は3季連続、延岡学園(宮崎)は春に続いての甲子園出場。青森山田(青森)は3年連続で代表の座に就いた。

 明徳義塾(高知)佐賀商(佐賀)は決勝へ。東海大相模(神奈川)智弁和歌山(和歌山)は準決勝へ進んだ。

 26日は栃木、鳥取、高知、佐賀で代表が決まる。<デイリーより>

 田中投手の甲子園での活躍が楽しみである。決勝でも札幌光星打線から16奪三振を記録した。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (5)

米国株、急反発

 週明け24日の米株式相場は三営業日ぶりに急反発。ダウ工業株30種平均は前週末比182ドル67セント高の1万1051ドル05セント、ハイテク比率の高いナスダック総合株価指数は同41.45ポイント高の2061.84で終えた。好調な企業決算や企業の合併・買収(M&A)ニュースが相次いだことを手掛かりに買いが優勢となった。<日経新聞より>

東証も今日は反発か?

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月24日 (月)

今週の見通し・業績見極め個別物色

 今週の株式相場は方向感に欠く展開となりそうだ。3月期決算企業による4―6月期の業績開示が本格化する。相場全体の上値追いの材料としては力不足との見方が多く、好業績銘柄の個別物色となる公算が大きい。中東情勢など外部環境には不透明感が残り、米国株の動向をにらみながら思惑的な売買で株価が乱高下する場面も予想される。<日経新聞より>

今週も乱高下の大きな動きになりそう。基本的には下げ基調か?

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

藤川―クルーン!150キロ超リレー

 こんなリレーを見たかった。夢の継投、スピードの競演。153キロ、153キロ、151キロ…新庄のパフォーマンスに沸いた神宮の杜は“セ界の方程式”で大きなため息と大歓声に包まれた。
 「シーズン中と変わらないボールがいってたでしょ。まだまだ楽しむまではいけないけど、いつも通り投げられた」
 9回。マウンドに上がった藤川は、打席のカブレラに対してストレートの握りを見せて右腕を突き出した。オール直球勝負の予告。その後に帽子を取ったところに藤川の内気な性格がのぞくが、投げるボールはうなりを上げた。カブレラには1球もかすらせず最後は153キロで空振り三振。続く小笠原も152キロで連続空振り三振に斬った。(スポニチより)

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年7月21日 (金)

米国株、4日ぶり反落

 20日の米株式相場は四営業日ぶりに反落。ダウ工業株30種平均は前日比83ドル32セント安の1万928ドル10セント、ナスダック総合株価指数は同41.29ポイント安の2039.42で終えた。インテルの決算と見通し、設備投資計画への失望から、ハイテク株の下げが目立った。米連邦準備理事会(FRB)の金融政策への不透明感も売りを誘った。<日経新聞より>

今日の東証は、昨日400円以上あげた利益確定売りに押され、値を下げてくると見る。どれくらい下げて終わるのか・・・・?注目したい。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

東証大引け・大幅続伸

 20日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸。終値は前日比446円58銭(3.08%)高の1万4946円84銭と、上げ幅は今年4番目の大きさを記録した。前日の米株式相場が米利上げ休止観測で大幅続伸したうえ、米ハイテク企業の発表した4―6月期決算で好内容が目立ち、株価の下値不安が和らいだ。取引開始前の外国証券経由の売買注文(市場推定、株数ベース)が買い越しに転じたほか、新興市場の主要な株価指数が11営業日ぶりに反発したことも買い安心感につながり、ほぼ全面高の展開だった。伸び悩む場面もあったが、戻り待ちの売りを吸収しながら、大引けにかけて次第に上げ幅を広げた。東証株価指数(TOPIX)も大幅続伸し、終値で3営業日ぶりに1500台を回復した。<日経新聞より>

全面高であるが、今日一日で終るのか・・・
それとも・・・
余り続かないだろうな~

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極楽山本「すべての芸能活動中止する」


謝罪会見を行った吉本興業・水上取締役(右)と竹中執行役員=東京・千代田区の吉本興業東京本部

 未成年の女性Aさん(17)を飲酒させた上、暴行した疑いで北海道警函館西署の取り調べを受けた極楽とんぼの山本圭一(38)を解雇した吉本興業は19日、東京・神保町の東京本部で事情説明会見を行った。同社は16日に茨城ゴールデンゴールズの一員である山本が、チームメート2人と友人男性1人に、女性4人を交えて食事をした後の事件だったことなどを明かした。また、「本日をもってすべての芸能活動を中止する」という山本のコメントも発表。事実上の引退でお笑いコンビ、極楽とんぼは消滅する。<デイリーより>

仕方がないだろう。女性問題は始めてではないし。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

光り輝く携帯電話!カスタム専用チップLDE販売中


| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国株、大幅高

 19日の米株式相場は大幅高。ダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比212ドル19セント高の1万1011ドル42セントで終えた。上げ幅は今年2番目の大きさ。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も3日連続で上げ、同37.49ポイント高の2080.71となった。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を受けて、利上げ局面が終わりに近ずいたとの思惑が強まり、金利敏感株を中心に買いが膨らんだ。<日経新聞より>

 今日は本格的に上昇か?東証も昨日は若干上げたが、大きく下げたまま。少しは持ち直してほしい。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

米国株、続伸

 18日の米株式相場は続伸。ダウ工業株30種平均は前日比51ドル87セント高の1万799ドル23セントで、ナスダック総合株価指数は同5.50ポイント高の2043.22で終えた。企業の好決算や原油先物相場の下落を受け買いが優勢となった。引け後に本格化するハイテク株の決算や米景気への思惑から、方向感に乏しい展開だった。<日経新聞より>

昨日の東証は400円を越える大幅な前面安となった。
今日はその反動と米株式相場が続伸で買いが戻るか・・・

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月18日 (火)

米国株、ほぼ横ばい

 17日の米株式相場はほぼ横ばい。ダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに小反発し、前週末比8ドル1セント高の1万747ドル36セントで終えた。ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数もわずかに反発。同0.37ポイント高の2037.72で引けた。前週後半に急落した反動から押し目買いが入った。原油安や良好な経済指標も米景気減速への警戒感を和らげた。一方、週央のハイテク企業決算などを見極めたいとの声も多く、上値は重かった。<日経新聞より>

 押し目買いが先行する形で反発して始まったが、上値が重く結局ほぼ横ばいの8ドル程の上げで終わった。東証も上値の重い展開が予想される。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月17日 (月)

今週の見通し・下値を探る場面も

 今週の株式相場は下値を探る場面がありそうだ。中東の地政学リスクを背景に、原油価格の上昇に歯止めがかからなければ世界経済の先行き警戒感が強まる。先週末に米国株が大幅続落したことも弱材料。外部環境の変化に一喜一憂する展開となりそうだ。<日経新聞より>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

暴力団が上映中止を要請

 福岡県警の暴力追放ビデオドラマについて北九州市の指定暴力団工藤会が「組員の子へのいじめにつながり人権侵害の恐れがある」と学校での上映中止を求めたことが13日わかった。請願書が市教委に郵送された。ドラマは暴力団の実態を描いて青少年の加入を防ぐのが狙いで、今月中に完成する。市教委は「請願には回答しなければならないが、学校上映は警察から正式要請がなく答えようがない」と困惑。ドラマ制作を指揮した北九州地区暴力団総合対策現地本部は「いじめを誘発するものではない」と話している。<サンスポより>

この記事を読んで、一瞬目が点になった。
暴力団とはいえ人権があることは認めるが・・・
「暴力追放ビデオ」の上映中止を要請というのは、違和感を感じるのは自分だけ・・・?
いや、記事になっているということは自分だけではない証拠か?
「暴力を受けている者の人権はどう考えているのか?」知りたいと思う。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

あなたがオーナーのソーシャルネットワークが作れる!月額1,050円~【GroupTube (グループチューブ)】

| | コメント (0) | トラックバック (2)

米国株、大幅続落

 13日の米株式相場は2日連続で急落。ダウ工業株30種平均は前日比166ドル89セント安の1万846ドル29セントと、6月14日以来の安値で終えた。ダウ平均の下げ幅が2日連続で100ドルを超えるのは5月12日以来。ナスダック総合株価指数は同36.13ポイント安の2054.11と、昨年10月13日以来の安値で引けた。中東情勢の緊迫や原油高を受け、売りが膨らんだ。<日経新聞より>

今週は方向性が定まらない動きを続けている。
その中海外投資家が2週連続で買い越しをしているという。
この意味はなんだろうか?
日本株が割安感が出てきているということか?
狼狽売りだけは避けたい。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

ゼロ金利解除へ・誘導目標0.25%に

 日銀が13日から開く金融政策決定会合で、短期金利をゼロ%に抑え込んできた「ゼロ金利政策」を解除する見通しになった。議決権を持つ9人の政策委員の大半が、景気が持続的に拡大し物価のプラス基調が定着したと判断し、解除に傾いているためだ。会合2日目の14日に短期金利の誘導目標を現在のゼロ%から年0.25%に引き上げることを多数決で決める。短期金融市場で2001年3月以来、約5年4カ月ぶりに金利が復活する。 <日経新聞より>

 昨日は買い控えやインドのテロから続落し、一時は300円を超える下げとなった。NY市場もダウ121ドル安で引けているから、今日も下げていく展開であろう。どこで下げ止まるのか・・・?

ランキング参加中 ブログランキングranQ

ワクワクするWEBショップ『ワンネス』
色々なコンテンツを随時追加していきます。
是非一度遊びに来てください!!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月12日 (水)

米国株、ダウ続伸し31ドル高

 11日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は続伸。前日比31ドル22セント高の1万1134ドル77セントで終えた。ハイテク比率の高いナスダック総合株価指数は三営業日ぶりに反発し、同11.93ポイント高の2128.86となった。企業収益の先行き不透明感から朝方は売りが先行。ただ、一段と売り込まれなかったことから、午後にかけて相場の底堅さを好感した買いが優勢になった。このところ下げのきつかったハイテク株の一角が上昇し、株価指数を押し上げた。<日経新聞より>

 昨日の東証は利益確定売りに押され一時200円以上下げたが、終わりは78円台の下げに縮小。今日は買いが増えて上がるとみている。だが今月は全体的には一進一退の動きとなりそう。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月11日 (火)

米国株、ダウ平均12ドル高

 10日の米株式相場は高安まちまち。ダウ工業株30種平均は小反発し前週末比12ドル88セント高の1万1103ドル55セントで終えた。半面、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は続落。同13.13ポイント安の2116.93で引けた。今週から始まる主要企業の決算発表への期待を背景に買いが先行したが、徐々に投資家の様子見姿勢が強まった。年後半の米景気が減速するとの見方が改めて優勢になり、午後はハイテク株主導で売りが増えた。<日経新聞より>

昨日の東証は420円以上の上下をした。先週末のNYの大幅な下げから売られ、午後は一転買いに転じ上昇という展開であった。今日は多少落ち着くのかあるいは上昇か・・・?

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月10日 (月)

ジダン一発退場:夢散る

 サッカーのW杯ドイツ大会最終日は9日(日本時間10日未明)、ベルリンの五輪スタジアムでイタリア-フランスの決勝を行い、イタリアが1-1で突入したPK戦を5-3で制し、1982年スペイン大会以来、6大会ぶり4度目の優勝を果たした。イタリアの4度優勝は最多5度のブラジルに次いで単独2位。<サンスポより>

 試合に勝って勝負に負けた、そんな感じのフランスであった。その象徴的なシーンが、ボールのないところでのジダンの頭突きによる一発退場。いったい何があったのか知らないが・・・

 イタリアは完全に負けない試合を目指していた。チャンスがあれば勝負をし、なければ無理な攻撃をしない。特に後半以降は少し物足りなさを感じた、そんな決勝戦であった。

とにかく稼ぎたい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 9日 (日)

ドイツがポルトガル下し3位

ドイツ―ポルトガル後半、オウンゴールでドイツ2点目が入り、クローゼ(11)と喜ぶシュバインシュタイガー(7)。右端はバラック、左から2人目はクリンスマン監督=シュツットガルト(共同)
ドイツ―ポルトガル後半、オウンゴールでドイツ2点目が入り、クローゼ(11)と喜ぶシュバインシュタイガー(7)。右端はバラック、左から2人目はクリンスマン監督=シュツットガルト(共同)

 ワールドカップ(W杯)第24日(8日・シュツットガルト)3位決定戦を行い、ドイツが21歳のMFシュバインシュタイガーの2得点などで3―1でポルトガルを下し、3度目の3位になった。得点王争いのトップに立つクローゼ(ドイツ)はゴールがなく、決勝を残す2位アンリ(フランス)とは2点差の通算5得点で大会を終えた。

 ドイツは後半11分、シュバインシュタイガーがミドルシュートを決めて先制。その後にオウンゴールでリードを広げ、30分すぎにもシュバインシュタイガーが加点した。大会初登場のGKカーンも好守でこたえた。1966年大会以来の3位を狙ったポルトガルは途中出場のフィーゴのクロスから1点を返しただけだった。<デイリーより>

 GKカーンの見事な守護神としての活躍であった。カーンは今大会初先発ながら、好セーブをして、失点を防ぎ見方の得点を待ち続けた。シュバインシュタイガーの得点を呼び込んだといってもいい。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

BtoBポータルサイト「フィデリ」

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006年7月 8日 (土)

GKカーン・先発出場

7日、ポルトガル戦を前に練習するドイツのGKカーン=ベルリン(AP=共同)
7日、ポルトガル戦を前に練習するドイツのGKカーン=ベルリン(AP=共同)

 ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で3位決定戦(8日・シュツットガルト)に臨む開催国ドイツのクリンスマン監督は7日、ベルリンで記者会見し、これまで控えに回っていたGKカーンをポルトガルとの一戦で先発起用することを明らかにした。また主将のバラックらは休ませるという。<デイリーより>

 日韓大会で大活躍したカーンがW杯に戻ってくる。準決勝まで先発していたレ-マンにかわり出場するという。カーンもこれが最後のW杯になるだろう。闘志溢れる守護神ぶりを見せてくれ。

大容量・高機能レンタルサーバー heteml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国株反落、ダウ134ドル安

 7日の米株式相場は大幅反落。ダウ工業株30種平均は前日比134ドル63セント安の1万1090ドル67セント、ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は同25.03ポイント安の2130.06で終えた。企業業績の減速懸念や賃金インフレの警戒感が売り材料。ダウ平均の下げ幅は5月30日以来の大きさだった。<日経新聞より>

来週は軟調な動きから始まる。どこまで下げるのか・・・・?
北朝鮮のテポドン2号の発射が失敗したといわれているので、技術確立のために再度発射される可能性は非常に高い。
1週間は様子見が必要あるいは売って損益を確定の上様子見も一つの手段。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

米国株、反発

 6日の米株式相場は反発。ダウ工業株30種平均は前日比73ドル48セント高の1万1225ドル30セント、ナスダック総合株価指数は同1.75ポイント高の2155.09でそれぞれ終えた。米景気の減速を示す経済指標を受けて、利上げ継続観測がやや後退したことを好感し、大型株を中心に買いが入った。<日経新聞より>

ランキング参加中 ブログランキングranQ


インターネット取引するならマネックス証券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

王監督、休養

優勝の金メダルを
 プロ野球ソフトバンクの王貞治監督(66)は5日、胃の腫瘍(しゅよう)の手術を受けるため、休養することを明らかにした。福岡市のヤフードームで行われた西武戦後に記者会見を開き、自ら公表した。6日に東京都内の病院に入院し、来週にも手術を受ける。約1カ月の入院加療が必要とされるが、復帰時期については「いつ帰って来られるか分からない」と明言を避けた。<デイリーより>

 王監督が、治療の為休養に入るという。WBCの監督、ダイエーから通算12年の監督と激務をこなしてきた。大変なことと思う。胃の腫瘍の手術とのことだが、症状が先月から合ったということを考えると摘出を行うのかなと思う。十分に治療をし、その上での復帰することを願う。是非またユニフォームを着てください。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

違いがスグ分かります。『価格.com』で外貨預金を徹底比較!!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

米国株、反落

 5日の米株式相場は反落。ダウ工業株30種平均は休場前の3日終値に比べ76ドル20セント安の1万1151ドル82セントで終えた。ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は同37.09ポイント安の2153.34だった。北朝鮮によるミサイル発射で地政学リスクが意識されたほか、良好な経済指標を受けて米利上げ継続観測が強まったことが売りを誘った。<日経新聞より>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

北朝鮮・ミサイル発射

 北朝鮮は5日午前3時30分ごろ、同4時ごろ、同5時ごろの3回、朝鮮半島からミサイルを発射した。安倍晋三官房長官は同日午前6時15分に記者会見し「何らかの飛翔体が発射され、いずれも日本本土から数百キロメートル離れた日本海に着弾した」と発表。北朝鮮に厳重に抗議すると述べた。防衛庁によると午前7時半すぎ4発目も発射した。<日経新聞より>

 ホントに北朝鮮は何をするか解らない国だ。気体燃料を注入した時から、抜き取り作業はかなり高度な技術が要するといわれていたので発射は予想していたが・・・どのようなそろばん勘定をして発射したのか・・・?北にしかわからない論理なのかもしれない。これが世界の政治・経済に及ぼす影響は・・・自分には良く解らない。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (1) | トラックバック (18)

2006年7月 4日 (火)

東証大引け・3カ月ぶり4日続伸

 4日の東京株式市場で日経平均株価は続伸。終値は前日比66円88銭(0.43%)高の1万5638円50銭と、6月5日以来1カ月ぶりに1万5600円台を回復した。4日続伸は3月24日―4月3日(7日続伸)以来3カ月ぶりの連騰記録。前日の米株式相場が米利上げ休止観測を背景に反発したことを好感し、幅広い銘柄が買われた。前日発表の日銀企業短期経済観測調査(短観、6月調査)で改めて景気回復を確認したことも引き続き支援要因に働いた。東証株価指数(TOPIX)は4日続伸し、終値で6月2日以来の1600台を回復した。<日経新聞より>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒデが現役引退!

ブラジルに敗れ、ピッチに座り込む中田英=6月22日、ドルトムント(共同)
ブラジルに敗れ、ピッチに座り込む中田英=6月22日、ドルトムント(共同)

 日本代表の中心選手として活躍し、ワールドカップ(W杯)は開催中のドイツ大会まで3大会連続出場したMF中田英寿選手(29)=ボルトン=が三日、自身の公式ホームページで現役引退を発表した。「日本代表の顔」だった選手が、30歳を前にした若さでピッチを去る。<デイリーより>

 引退するには早すぎる気がする。しかし、これはやはりヒデの美学なのだろう。ぼろぼろになってまではしたくないのだろう。キング・カズのように現役にこだわるのも一つだし、ヒデの生き方も一つだろう。本人が決断することだから仕方がない。サッカーを楽しませてくれてありがとう。

ランキング参加中 ブログランキングranQ

おすすめ無料ゲームサイト

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年7月 2日 (日)

今週の見通し・緩やかな戻りを試す

 今週の株式相場は緩やかな戻りを試す展開か。世界的な金利上昇懸念を背景とした内外投資家の売りは一巡。日銀が3日発表する6月の企業短期経済観測調査(短観)は相場の戻りを後押ししそうだ。半面、戻り売り圧力も強いほか、外部環境の不透明感も残り、一方調子の上昇は難しいとの見方は多い。
 先週の日経平均株価は米国株高などを機に、週後半から上げ幅を拡大。日経平均は6月30日に6月5日以来約1カ月ぶりに1万5500円台を回復した。ただ「先週の相場上昇は売り方の買い戻しが中心で、今後も上昇基調をたどるとみるのは早計」(CLSA証券)と市場関係者は慎重姿勢を崩していない。<日経新聞より>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブラジルの連覇の夢絶つ!

ブラジル―フランス後半、決勝ゴールを決め、ジダン(右)と抱き合うフランスのアンリ=フランクフルト(共同)
ブラジル―フランス後半、決勝ゴールを決め、ジダン(右)と抱き合うフランスのアンリ=フランクフルト(共同)
 W杯ドイツ大会第21日は1日、フランクフルトで準々決勝を行い、フランスが連覇を狙ったブラジルに1―0で勝ち、自国開催で優勝した1998年大会以来のベスト4入り。フランスがブラジルの攻撃を巧みに封じ、1点で逃げ切った。
 98年大会決勝の再現となった一戦は、フランスが後半12分、ジダンのFKからアンリが決勝点を挙げた。ブラジルは前回大会からの連勝記録が11で止まった。<デイリーより>

 ついにブラジルの連勝が止まった。いつかは止まるときが来るが・・・フランスも開幕前の評判はもう一つであったが、大会には流石に調子を合わせてきたというところか・・・

 準決勝は欧州勢同士の戦いとなった。決勝はドイツとフランスと予想するがどうだろうか?

ランキング参加中 

ブログランキングranQ

輸入車の各メーカー用テスター完備 代車20台~準備しています
ベンツを得意としベンツ専用テスターDAS設置(通常ディーラーにしかありません)
車検をはじめ、ボディーコーティング、エアロキット取り付け、販売、AMG ロリンザー
HPに過去の整備を記録していますので参考にしてください

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2006年7月 1日 (土)

米国株、3日ぶり反落

 30日の米株式相場は3日ぶりに反落。ダウ工業株30種平均は前日比40ドル58セント安の1万1150ドル22セントで、ナスダック総合株価指数は同2.29ポイント安の2172.09で終えた。米経済指標を受けて長短金利が低下したことを好感し、買いが先行したが、前日の相場急伸の反動の利益確定売りに押された。<日経新聞より>

 昨日の東証は前日比384円3銭(2.54%)高の1万5505円18銭と高い水準を付けたので、月曜日7月最初の3日は利益確定売りが強くなることが予想される。デイトレの真似事はやはりできないので、長期保有でいくしかない。そのうち利益が出るだろう・・・(ホントかな?)

ランキング参加中 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »