« ジダン一発退場:夢散る | トップページ | 米国株、ダウ続伸し31ドル高 »

2006年7月11日 (火)

米国株、ダウ平均12ドル高

 10日の米株式相場は高安まちまち。ダウ工業株30種平均は小反発し前週末比12ドル88セント高の1万1103ドル55セントで終えた。半面、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は続落。同13.13ポイント安の2116.93で引けた。今週から始まる主要企業の決算発表への期待を背景に買いが先行したが、徐々に投資家の様子見姿勢が強まった。年後半の米景気が減速するとの見方が改めて優勢になり、午後はハイテク株主導で売りが増えた。<日経新聞より>

昨日の東証は420円以上の上下をした。先週末のNYの大幅な下げから売られ、午後は一転買いに転じ上昇という展開であった。今日は多少落ち着くのかあるいは上昇か・・・?

ランキング参加中 ブログランキングranQ

|

« ジダン一発退場:夢散る | トップページ | 米国株、ダウ続伸し31ドル高 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113774/2606094

この記事へのトラックバック一覧です: 米国株、ダウ平均12ドル高:

» 日経平均反落・不安定な展開 [株式市況 by bif]
株式市況7/11 11日東京株式、 日経平均反落・先物主導の 不安定な展開に 11日の東京株式市場は反落。 日経平均株価は前日比 78円99銭(0.51%)安の 1万5473円82銭で取引を終えた。 前日の米ナスダックのハイテク株が 続落。 また寄り付き前の外資系証券の 注文状況も今日で5日連続の 売り越しとなるなど、変わり映えの しない外的環境を受けて改めて 様子見ムードが強まったことが ... [続きを読む]

受信: 2006年7月11日 (火) 22時16分

« ジダン一発退場:夢散る | トップページ | 米国株、ダウ続伸し31ドル高 »