« 俊輔 右サイドで左足シュート決める | トップページ | 今週の見通し─日米景気にらみ一進一退 »

2006年6月18日 (日)

元日本代表監督の宿沢氏急死

 日本ラグビー界が大きな財産を失った。元日本代表監督で三井住友銀行取締役専務執行役員の宿沢広朗(しゅくざわ・ひろあき)氏=写真=が17日午後零時53分、心筋梗塞(こうそく)のため前橋市の群馬大医学部付属病院で死去した。55歳だった。同銀行によると、登山途中に倒れて同病院に収容されていた。
 同氏は埼玉・熊谷高から早大ラグビー部へ進み、正確な判断力とスピード豊かなパスさばきで、70年代前半の早大黄金時代の中心選手として活躍。高い戦術眼を買われて、89年に39歳の若さで日本代表監督に就任した。監督初陣のスコットランド代表戦で、日本ラグビー史上初の国際ラグビーボード(IRB)創設8協会の1チームから大金星を挙げる快挙を果たし、91年まで監督を務めた。<サンスポより>

監督初陣のスコットランド代表戦
監督初陣のスコットランド代表戦で、日本ラグビー史上初めてIRB創設協会の1チームから大金星。万感の万歳

ランキング参加中 ブログランキングranQ

|

« 俊輔 右サイドで左足シュート決める | トップページ | 今週の見通し─日米景気にらみ一進一退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113774/2270966

この記事へのトラックバック一覧です: 元日本代表監督の宿沢氏急死:

« 俊輔 右サイドで左足シュート決める | トップページ | 今週の見通し─日米景気にらみ一進一退 »