« 米国株、大幅上昇 | トップページ | 昨日の東証ー大幅反発し2週ぶり1万5000円台 »

2006年6月23日 (金)

日本 奇跡ならず敗退…

日本―ブラジル 後半、ブラジルに3点目を決められがっくりするGK川口。右は三都主=ドルトムント(共同)
日本―ブラジル 後半、ブラジルに3点目を決められがっくりするGK川口。右は三都主=ドルトムント(共同)

 ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で二十二日(日本時間二十三日未明)、1次リーグF組の日本はドルトムントのW杯競技場で前回覇者ブラジルと対戦し、1―4で逆転負けした。日本は1分け2敗の勝ち点1で同組最下位に終わり、前回大会に続く決勝トーナメント進出はならなかった。F組はブラジルが1位、オーストラリアが2位でベスト16に進んだ。

 日本は前半34分、玉田圭司(名古屋)が先制ゴールを決めた。しかし前半ロスタイムにロナウドに同点ゴールを決められ、後半に3失点して力尽きた。<デイリーより>

 実力差があるのは初めからわかっていた。ボールを支配され、責められながらも耐えて少ないチャンスを物にする・・・前半ロスタイムまではいい展開であった。玉田のワンタッチのシュート、見事であった。三都主からのスルーパスに反応した目の覚めるようないいシュートであった。惜しむらくは、ロスタイムのロナウドの同点ゴ~ルを許したことである。リードしたまま後半に入りたかった。1-4・・・これが現在の日本の実力と認め、これから出発しよう。

ランキング参加中 ;ブログランキングranQ

|

« 米国株、大幅上昇 | トップページ | 昨日の東証ー大幅反発し2週ぶり1万5000円台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113774/2340633

この記事へのトラックバック一覧です: 日本 奇跡ならず敗退… :

« 米国株、大幅上昇 | トップページ | 昨日の東証ー大幅反発し2週ぶり1万5000円台 »