« イタリアとウクライナが8強 | トップページ | 米国株、反発 »

2006年6月28日 (水)

5日ぶり1万5000円割れ

 28日の東京株式市場では東証1部銘柄の8割強が下落しほぼ全面安となった。日経平均株価は前日比285円70銭(1.88%)安の1万4886円11銭と大幅反落し、5営業日ぶりに1万5000円を下回った。前日の米株式市場で主要な株価指数が下落したことをきっかけに投資家心理が悪化。またブリヂストンが2006年12月期の利益見通しを下方修正したことやエルピーダが大型増資を発表したことも投資家の警戒感を高めた。東証株価指数(TOPIX)も大幅反落。<日経新聞より>

ランキング参加中 ブログランキングranQ

|

« イタリアとウクライナが8強 | トップページ | 米国株、反発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113774/2420402

この記事へのトラックバック一覧です: 5日ぶり1万5000円割れ:

« イタリアとウクライナが8強 | トップページ | 米国株、反発 »